2009年06月07日

サイコサイバネティクスとは?

前回の続きから始めます。
DVD.bmp
まず、48ページの無料レポートに申し込むと、
サクセスグループというプログラムの案内がありました。
30日間無料でお試しができ、おまけとして
「ドクターモルツ・ライブ!」
というDVDがついてくるというものでした。
30日以内に解約すればお金を支払う必要がなく、
しかも送られてきたCDやDVDは返さなくてもいいので
気楽な気持ちで申し込みました。

送られてきたDVD「ドクターモルツ・ライブ!」
今から40年以上前にTV出演した際のモルツ博士とキャスターとの
対談映像でした。(一部は白黒で、他の一部はカラー映像)
サイコサイバネティクスという理論を開発した本人が
その内容を説明していて、なかなか説得力があります。

アメリカ人の形成外科医であり、必要性から心理学も学んだ
モルツ博士は、科学的な論理性をもっているので
話がとても理路整然としているのが印象的でした。
Dr_Maltz.bmp
サイバネティクスというのは脳と肉体の関係を解析して
それを他の分野へ応用する学問らしいのですが、
これにサイコ(精神)という言葉をくっつけて
精神と自分の行動という関係に踏み込んだもののようです。

たとえば、サーボメカニズムという用語が出てきます。
これは機械システムなどの制御系で用いられる用語です。
要するに位置とか速度とかを設定すると、そこから外れないように
状態を自動修正する機構のことで、ミサイルなんかにも
使われていますよね。
ここでは自分の理想とする目標を設定したら
自動的にそこへ連れて行ってくれるシステムという意味で
使われています。

ポイントは、このサーボメカニズムが潜在意識の中にあり、
これにいかに目標設定するかということになります。
これさえうまくやれば、後は自動的に働いてくれるわけです。

逆に言うと、このサーボメカニズムに正しく目標設定しなければ
いくらポジティブシンキングやモチベーションアップをしても
自分の意思に反して、異なる方向へと自分自身を自動的に
導いてしまうという結果になります。
なぜなら、人間の意識はほんの数%が顕在意識で
残りの90%以上は潜在意識なのですから、
力比べでは潜在意識が圧倒的に勝ってしまうわけです。
setimage.bmp
言われてみれば、確かにそんな気がします。
やめようと思ってもやめられないこと、
やろうと思ってもなぜか逆の結果になってしまうこと、
わかっちゃいるけど・・・みたいなこと、
今までいくら努力してもうまくいかなかった理由は、
もしかしたらここにあるのかもしれない・・・。

では、どうすれば
このサーボメカニズム
正しく働かせることができるのか?

どうしても知りたくなり、昨年末、とうとう

「Drモルツの12週間で自分を変えるプログラミング」


に思い切って申し込んだのでした。

この続きはまた次回に。

posted by jiyuu01 at 16:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www.affair-shirt.com通販 シューズ
Posted by ブーツ ベビー at 2013年08月03日 10:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121020393

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。